2012.12.10

【優しいメッセージ付きピーコート。ココロもカラダもあったかです】

posted by

こんばんは。原田です。

今日から一週間強い寒波が日本列島にやってくるそうです。

なので最低気温が極端に下がる日が続きますので

みなさん体調には気をつけて12月乗り切りましょうね!

特に雪の降る地域の方はこれから大変だと思いますが

事故などにも注意して日々お過ごしくださいね。

最近のニュースでは核の保有についてオバマさんが

核がない世界を目指すと公言しながらも、

抑止力として安全の為の核を保有、実験などしなければ

いけないと、対半する二兎を追うようなことを言ってましたが

この問題は、戦争がまだ各地で発生していたり、

テロが起きていたりと本当に難しいことです。

でもみんな攻撃する為にというよりか、

守る為に武器を持つという考えが働いているのだと思うと

何とも言えないですし、

優しさが次の戦いを生み出してしまうことに悲しさを感じます。

だから武器は徐々に捨てて防具だけが発達する世の中になればいいな

と個人的には思います。

そこで生み出されたアイテムや素材、情報は、

武器からだけでなく、日々の生活の助け、自然や災害の危険

から身を守ってくれるモノに変わってくれるからです。

今のファッションにおいても、ミリタリー、ワーク、アウトドアなどの

デザイン、ディテール、ファブリックなどは

あらゆる商品、洋服にその要素がたくさん組み込まれていますよね?

僕らの店『SHELTER』も、名前の通り

そんな人を傷つけたり、悲しませたりするモノではなく、

なにかあった時に逃げ込んだり、助けてあげたり、癒されたり、笑えたり、

デザイナーやブランドが生み出した歴史や伝統を守ったり、

ファッションの大切さ、人の温かさを守れるようなSHOPにしていきたいです。

守ることは伝えることと同義の部分もあるからです。

先日亡くなられた中村勘三郎さんのように伝統を守りながらも、

革新的なことにどんどんチャレンジし、

その伝統を守るだけではなく新たなフィールドを開拓し

その伝統の良さをたくさんの人に知ってもらい、楽しませ、

みんなで伝統を共有することで、また新たなその良さを広げよう守ろう

と思う人がたくさんできたことは本当に素晴らしいです。

守る為には絶対にチャレンジも必要になりますからね!

見習わないといけません。

ちょっと難しい話しになってしまいすみませんorz

そんな中、そんな考えや気持ちを具現化してくれた

アイテムのご紹介です!!

前置き長くてまたまたすみませんorz

AlexanderLeeChang/アレキサンダーリーチャン:sakasama p-coat/さかさまピーコート¥54,600 size,2


BLACK


BEIGE

前回もLOOKで載せたこちらのアイテムです。



襟のカタチやニットのデザインがとても個性的で配色使いも

魅力的な一枚ですがどなたでも着こなしのし易いモデルで

いろんなジャンルの方にオススメです!

ただあまり在庫ないのでホント早い者勝ちかもしれません。

読んだころになくなってたらすみません。

そしてまずは、商品名にあるsakasama
とは?

文字通り逆さまと読みますが、理由はここ



本来ピーコートの襟にくる部分が裾にきて上下逆転しちゃってます。

なので開いてみるとこんな感じに。

違う意味で開くとこうなります。

すみませんorz 恥^^;

でも、形わかりましたよね?

本来ピーコートは、19世紀末からイギリス海軍が艦上用の

軍服として着用していた他、漁師たちの間でも着用されているもので、

艦橋や甲板などの厳しい気象条件で使用することから、

風向により左右どちらでも上前を変えることが可能となっていたり

襟を長くすることで立てた時に雨風を防ぎやすくなっているわけですね。

でもAlexanderLeeChangの襟は変形型なので

こんなにたくさんの着方ができるようになっています。




驚きです。

そして開けてももちろん着れますよ。

開けるとドレープが効いてちょっとモードな雰囲気に。

好きな形を見つけて楽しく着こなしちゃってください♫

あと番外編でこんなのも

見えません…

ちょっと高すぎましたか。。笑

なにか巻物をしてバランスをとったらいいかも◎

そしてただデザインで遊んでいるだけじゃなくこんな優しいメッセージも込められているんです。

それがデザイナーからのこのコメント。


『もともとは「戦う」ときの軍服ピーコートを、
サカサマにするから「戦わない」というコンセプトでつくったよ
裏地はチタンコーティングだから熱を逃がさなくてあたたかいよ』

本当に戦争がなくなるように願いたいです。

こんな良心に訴えかけるようなこと言われたら着る前から

温かい気持ちになっちゃいます。

これ着てケンカもしちゃダメですよ!

だけど心があったまっても体は寒い、それじゃあいけません!

そこはちゃんと考えてます!

裏地はサウナスーツなどにも使用されるチタンコーティング素材を

つけ、熱を逃がさずポカポカに体もちゃんと暖まるんですよ!

もちろんポケットの中も!

あったかい通り過ぎたらごめんなさい。

寒い時期には絶対ちょうどいいですけどね!

そしてまだまだポイントありますよ~

ボタンはピーコートといえばアンカーボタン(錨マークのやつ)をつけるのが一般的ですが

ALCでは取り外しが可能な指針のマークが入ったチェンジボタンを採用。

シルバーと真鍮色を交互に配置しデザインのアクセントにしています!

チェンジボタンは昔のワークジャケットとかシャツに使われてることが

多く、昔はボタンも高価なものだったですし、

洗濯もガシガシ激しく洗う傾向にあったので、破損したり、他のものを

傷つけないように外してから洗ったりしてたんですよね。

なのでこんな感じに外せます。

以外と初めて見た方多いのでは?

古着好きは大抵知ってることですが。参考までに。

なので着ない時期は外して違うアイテムに付けちゃっても面白いかもしれません。

そして1番重要なのはやっぱりココ。

肩のニット部分!


ウールとコットンの異なる撚り合せ方をした糸を編み込んだ

程良い強度と柔軟性、防寒性を兼ね備えた色鮮やかなニットが

グッとこのピーコートのデザインを引き上げてくれています!

オシャレです◎綺麗です◎

そしてただのデザインとしてだけではなく、

肩の部分にニットをつけることにより、

肩幅の広い方、狭い方どなたでも着やすくなり、

重ね着もしやすい。

そしてなにより動きに合わせ程よく伸び縮みするので

機能的でもあるんです!


バッグを背負ったりしても間からちゃんと見える位置にあるのも嬉しいですよね!

横、後ろからももちろんちゃんと見えます!

デザイン性に着心地や機能性をちゃんと考えられて作られてるあたりは

ホント流石です!

『そしてここでお知らせ』

AlexanderLeeChangのショップ『2Ni』では毎週金曜日ニット塾を

開催しています!

気になった方はこちらのリンクへ

http://www.eyescream.jp/news-all/news/event/jun-mikami-knitjyuku/

ちなみにニットではこれから

こんなアイテムも入荷してきますのでそちらもお楽しみに!


それでは今回の
AlexanderLeeChang/アレキサンダーリーチャン:sakasama p-coat/さかさまピーコート
のご紹介を終りたいと思います。

本当に色んな要素満載で暖かくお洒落でそして楽しめるアイテムなので

是非オススメです!

================================================

ポイントカードについて

登録、年会費は無料となっております。詳しくはコチラ

================================================

【SHELTER】の「facebookページ」を開設しました!
【いいね】お願いします!!

https://www.facebook.com/pages/SHELTER/243928758993535

既存の「Twitter」やブログ等と連動させて情報を配信していきますので、
facebookアカウントをお持ちの方は是非ご活用くださいませ。
================================================

http://twitter.com/sheltertokyo

引き続き「twitter」でも独自の情報を配信しております。
「Twitter」ならではのリアルタイムなNowをTweetしています。
アカウントをお持ちの方は是非ご活用くださいませ。
皆様のフォローお待ちしております!
================================================
SHELTER
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-5 GOビル 1F
TEL : 03-3464-9466
E-MAIL : mail@shelter-tokyo.com
H.P : http://www.shelter-tokyo.com
twitter:http://twitter.com/sheltertokyo
Facebook:https://www.facebook.com/pages/SHELTER/243928758993535


Copyright(c) ISA INTERNATIONAL CO,. LTD. All Rights Reserved