2014.03.09

【3月9日はありがとうの日】

posted by

【3月9日はありがとうの日】

3月9日は“39(サンキュー)”の語呂合わせで「ありがとうの日」とされています。
助けてもらった時、褒めてもらった時、プレゼントをもらった時など、「ありがとう」の一言をちゃんと伝えられていますか?

日本中~世界中~だれもが、だれにでも感謝を伝えることのできる言葉「ありがとう」。

身近な人に「ありがとう」とひとこと言える日。言いそびれた「ありがとう」が伝えられる日。

「ありがとう」と言われると笑顔が生まれますよね^^

「ありがとう」が感謝の気持ちを表わすことは知っていると思いますが「ありがとう」の由来はみなさんご存知ですか?

ちょっと調べてみました。

 

知っているかたもいると思いますがある言い伝えが元になっていました。

ちょっと長いですが日本人に生まれたからにはこの機会に覚えておいてもいいですよね。

これからの生涯、1番たくさん使う言葉ですし聞く言葉、そして1番大切な言葉だから。

2020年東京オリンピックのときには世界中の人に言いたい、伝えたい言葉の一つです。

そして僕らが日本の『お・も・て・な・し』を体現できたとき世界中に『ありがとう』が溢れることになるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
-盲亀浮木(もうきふぼく)のたとえ-

普段からよく使う言葉「ありがとう」ですが、お釈迦様が弟子に説いたこんな教えが元となっています。

ある時、お釈迦様は弟子に対して「人間に生まれてきたことをどのように思っているか?」と尋ねました。
すると弟子は「大変喜んでいます」と答えました。
お釈迦様が重ねて「では、どれくらい喜んでいるか?」と尋ねると、弟子は返答に困ってしまいました。

そこでお釈迦様はひとつのたとえ話をしました。

「広大な海の底には、一匹の目の見えない亀が存在しています。その亀は百年に一度、海面に顔を出します。同じく、その広大な海には、真ん中に小さな穴の開いた丸太が浮かんでいます」
ここでお釈迦様は再び弟子に尋ねました。
「百年に一度、目の見えない亀が海面に顔を出したとき、その浮いている丸太の穴に頭を入れる可能性はあるか?」

弟子は答えに困りました。絶対にないとは言い切れないが、あまりにも確率が低いからです。

「数億の生命がいるなかで、私たちが人間に生まれることは、目の見えない亀が丸太の穴に頭を入れることが有るよりも難しいこと……有り難いことなんですよ」と、お釈迦様が説いたのです。

この『有り難い』が「ありがとう」の由来となっていると言い伝えられています。

"人間に生まれる有り難さ"

「有り難い」は有ることが難しい、つまり「滅多にない」ことです。

地球上に存在する生命は、その種類も数も膨大になります。そのなかから人間として生まれてくることは、有り難いことであり、喜ばしいことです。

また、喜びや楽しみだけでなく、苦しみや悲しみさえも、人間として生れてきたからであり『人間としての経験は全て有り難いこと』なので感謝をしましょう、というのがこの盲亀浮木の教えです。
そこから『有り難い』が「ありがとう」になり、感謝の気持ちを表わす言葉になったのです。

なにげない言葉ですが、こうして考えると、ひとに感謝すること・されることはとても尊い行為だということも感じますね。

ある一説では、ポルトガル語のありがとう「オブリガード(obrigado)」は、日本語の「ありがとう」が由来だとも言われているようです。
その逆で、日本語の「ありがとう」の由来が「オブリガード」であるという説もあります。
日本語とポルトガル語は、「カステラ」「カルタ」「コップ」など、同じ音同じ意味の言葉が多く存在しているので、関係があるのかもしれません。

もうすぐサッカーのブラジルW杯もありますね。
「オブリガード(obrigado)」覚えておきましょう。

いまたくさんの苦労を抱え生きている方たくさんいると思います。
勉強や仕事での忙しさや不満が募り自暴自棄になることもあると思います。
大切な方を失ったり、自分の存在を見失ったり。

でも3月9日だけは、今の自分に感謝を込めて『ありがとう』と言ってみませんか?
この苦難苦闘も人間に生まれたからこそ。

まずはこの奇跡に感謝してみると、毎日の見え方が変わるかもしれません。
もちろん、周りの人に日頃の感謝の気持ちを伝えることも忘れないでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長くなりましたが、今日はそんな『ありがとうの日』

ぼくらが生きている中で一日に何回『ありがとう』と言われているか言っているか、

きっと1番耳にしている言葉のはずです。

世界はたくさんの『ありがとう』でできている。

 

この場を通じいつもSHELTERをご愛顧いただいているすべてのお客様に、
そしてSHELTERに関わっているすべての皆様に、
そして個人的にはなりますが同じ会社で働くイサさん、レイさん、コージさん、オギ、カドケン、
いつも『ありがとう』

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

みなさんも今日はたくさんの『ありがとう』伝えてみてください。

 

 

原田 景司

 

 

================================================

SHELTERでのお買い物はこちらのWEB STOREからどうぞ!

http://shelter-web.jp/

================================================

Staff × Snap → コチラ いいコーディネートがあったらLike!してください!

================================================

【SHELTER】の「facebookページ」を開設しました!
【いいね】お願いします!!

https://www.facebook.com/pages/SHELTER/243928758993535

既存の「Twitter」やブログ等と連動させて情報を配信していきますので、
facebookアカウントをお持ちの方は是非ご活用くださいませ。
================================================

http://twitter.com/sheltertokyo

引き続き「twitter」でも独自の情報を配信しております。
「Twitter」ならではのリアルタイムなNowをTweetしています。
アカウントをお持ちの方は是非ご活用くださいませ。
皆様のフォローお待ちしております!
================================================
SHELTER
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-2-5 GOビル 1F
TEL : 03-3464-9466
E-MAIL : mail@shelter-tokyo.com
H.P : http://www.shelter-tokyo.com
twitter:http://twitter.com/sheltertokyo
Facebook:https://www.facebook.com/pages/SHELTER/243928758993535

Copyright(c) ISA INTERNATIONAL CO,. LTD. All Rights Reserved